2020年度、補助金・助成金情報

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>

●はじめに!所属する団体へ、ご確認ください。
 個人様の場合、お近くの商工会議所へのご相談をお勧め致します。
 補助金代行業者にご注意!ご自分で申請可能です。

● 当社は小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型> B類型で申請!
 公募要件はこちら!(PDF) あくまでも参考です。最新の情報を確認して下さい。

●小規模事業者持続化補助金とは(PDFより抜粋)
  A類型 サプライチェーンの毀損への対応に要する経費
  B類型 非対面型ビジネスモデルへの転換に要する経費
  C類型 テレワーク環境の整備に要する経費
  事業再開枠 感染拡大防止の取組に要する経費

 
新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等(注1、注2、注3、注4)が経営計画を作
成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3または3/4を補助します。補助上限額:100万円(注5)。
さらに、業種ごとのガイドラインに基づいた感染拡大防止の取組(事業再開枠)を行う場合は、定額補助・上限50万円を上乗せいたします。加えて、クラスター対策が特に必要と考えられる業種(以下、「特例事業者」という)については、さらに上限を50万円上乗せが可能です。(コロナ特別対応型か事業再開枠か、自由に配分可能です)
また、通年で受付を行い、複数回の受付締切を設けています。
なお、令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<一般型>とは、制度等に一部異なる点がございますので、ご注意ください。

小規模事業者持続化補助金<一般型>

●東京商工会議所様のホームページが分かりやすいですこちら!
 各種色々な補助金・制度・期限・申請方法があります。

●国のIT導入補助金とは
中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対応するため 中小企業・小規模事業者等が生産性の向上に資するITツール(ソフトウェア、サービス等) を導入するための事業費等の経費の一部を補助等することにより、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を図ることを目的とされています。

補助金申請に必要な流れについて下記、PDFをご覧ください。
https://www.it-hojo.jp/r01/doc/pdf/r1_application_manual.pdf

※補足
厚生労働省の補助金のその目的は弱者保護、機能はセーフティネットです。
高齢者を雇ったらいくら?母子家庭のお母さんを雇ったらいくら?など、社会的な弱者の底上げをすることを目的としています。
(注)厚生労働省のホームページより抜粋、最新の情報をご確認下さい。
厚生労働省 テレワーク助成金のページでご確認下さい。